おまとめローン

MENU

消費者金融にもあった!おまとめローン

いくつものキャッシングを一か所にまとめたい、実は消費者金融でもそれができます。
総量規制がある消費者金融ではおまとめローンが向いていないと考えられるでしょう。
しかし、消費者金融には総量規制に基づくおまとめローンがあります。

 

ただし消費者金融でのおまとめローンは金利が低くはなっていません。
通常のフリーキャッシングと同程度の金利であり、元金によって変動する利息制限法を参考にする以外の方法はありません。
ちなみに利息制限法では消費者金融の金利をこのように制限しています。
・元金10万円未満・・・上限金利20.0%まで
・元金10万円以上100万円未満・・・上限金利18.0%
・元金100万円以上・・・上限金利15.0%
借金をまとめる以上、10万円未満ということはないでしょう。
恐らくは10万円以上100万円未満の範囲か、100万円以上の借り入れとなっているはずです。
それぞれの借り入れ先では金利が高くても、借金をまとめると100万円以上となったときには金利が15.0%になります。

 

それでも消費者金融の金利は低いものではありません。
おまとめローンという専用のローンがある以上金利が低いなどのメリットがありそうなものでしょう。
ところが消費者金融のおまとめローンでは別段金利が低いわけでもありません。

 

それならば消費者金融のおまとめローンを利用する意味はなんでしょうか。
単純なことです。
借金をまとめること、それが消費者金融でのおまとめローンの使い方です。

 

借り入れが複数あることで返済恋が困窮することはあるでしょう。
債務整理をしなければならないほど状況が深刻になっているわけではなく、ただ単純に借金をまとめることにあります。
返済額の用意が困難なわけでもなく、ただ返済が混乱しているだけであれば借金をまとめることで返済をしやすい状況にすることも難しいことではありません。
消費者金融にもおまとめローンはありますが、どのような条件になっているのかをしっかりと確認しましょう。
おまとめも可能なのではなくおまとめローンという専用商品です

複数の借り入れがあるときには借金を一本化するおまとめローン

いつの間にか借り入れ先が複数になってしまった、そうなると返済が難しくなるものです。
しかしよくよく考えてみると返済額の用意が難しいのではなく、何度も訪れる返済日に状況を把握できなくなっているだけということはありませんか?

 

初めてのカードローンを利用した時、返済日、返済額、金利、完済予定など把握できていたのではないでしょうか。
それは返済先が1か所だったからのはずです。
2社、3社と借り入れ先が増えるにつれて返済日や返済額、金利もそれぞれを把握することが難しくなります。
混乱しているだけ、そういうことではないでしょうか。
返済が複数になると毎日の生活の中で思考の大半が借金に占められます。
とにかく返済をすることだけに集中し、元金や利息を考えた返済が難しくなります。
最低返済額だけを返済し、難をしのぐというところでしょうか。
もし今、利用明細書を確認することができるのならばみてみましょう。
先月の返済額の内訳はどのようになっているでしょうか。
最低返済額に甘えた返済をしていれば元金よりも利息が上回っているということも少ないことではありません。
例えば10万円を借り入れても、各カードローンによって最低返済額が異なります。
最も低い最低返済額は三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの2,000円、そして最も高い返済額は固定になりますがみずほ銀行カードローンと三井住友銀行カードローンの10,000円です。
消費者金融のプロミス、アコム、アイフルなどは4,000円から5,000円となっています。
10万円を15.0%で借り入れているとしましょう。
30日後に返済をするとなれば利息は1,233円です。
返済額が2,000円であれば元金充当額よりも利息が上回っていることになります。

 

現在の状況を今一度見つめなおしてみましょう。
元金と利息の関係を無視した返済をしているのであればいつまでたっても完済は難しいものです。
少しでも多くの元金を返済していくためにも借り入れ先がいくつも増えているのであればおまとめローンを検討していきましょう。